暗号通貨

ライトコイン(Litecoin)とは?歴史や仕組みなど初心者にも分かりやすく解説

投稿日:

仮想通貨にはさまざまな種類が誕生しており、全く無名で用途の不明な通貨から、ビットコインやイーサリアムなどのように仮想通貨を知っている人ならば一度は名前を聞いたことがある位人気の高い仮想通貨もあります。

今回はアルトコインの先駆者として登場し、大きな注目をされてきたライトコイン日いて歴史や仕組みなど、初心者の方にも分かりやすく簡単にまとめてみました。

ライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインの歴史について






認知度の高い仮想通貨が新たに次から次へと登場する現在でもあまり認知度の上がらない仮想通貨も存在します。
そんな中でも注目しておきたいのがライトコイン
このライトコインはビットコインに次いで2番目に仮想通貨として誕生した通貨です。

イトコインは2011年10月に誕生し、Github上でライトコインがリリースされました。
ビットコインは頻繁に“金”として例えられていますが、ビットコインが金であるならライトコインは“銀”であるというキャッチフレーズで仮想通貨市場に新たな風を吹き込みました。

アルトコインの先駆者として誕生したライトコインは、ビットコインソースを基に開発されており、ビットコインに次いで誕生しただけあり、ビットコインの欠点を見事に解消させていました。
そのことから、ビットコインのメリットはそのままライトコインも有しており、ビットコインより流通しやすいメリットをさらに有しているまさに良い所取り仮想通貨として開発されました。

ライトコインの仕組み

元コインベースの開発ディレクターであるチャーリー・リー(Charlie Lee)氏が中心開発者となり、ライトコインは開発されましたが、ビットコインソースを基に開発されているため、基本的な仕組みはビットコインとほぼ同じです。

異なっている点としては、ビットコインが1ブロックの承認時間におよそ10分程度必要であるのに対し、ライトコインはビットコインのおよそ1/4程度の2.5分毎に承認されており、発行枚数もビットコインの4倍の8,400万枚です。

ライトコインはビットコインソースを基に作られて居ても大きく異なっている点があるのはSegwitを導入している点です。

このSegwitはトランザクションと、誰と誰の間での取り気であったかという署名情報が書き込まれていくため、膨大な情報が書き込まれていきますが、署名情報を切り離してWitness Commitmentというものへまとめた物だけをブロックにかき込んでいきます。
そうすることでSegwitを導入する前と比べ、ブロックへ書き込まれる容量が少ないため、より多くのトランザクション処理ができるようになり、ビットコインで長く問題視されているスケーラビリティ問題が解決します。

これをライトコインでは導入しており、ビットコインと比べると情報処理速度や送金時間が短縮されているのです。

ライトコインのメリットとデメリット

気になるライトコインのメリットはビットコインと比べて決済処理速度がおよそ1/4も速いことです。
先ほども紹介しましたが、ビットコインが10分かかるのに対し、ライトコインは2.5分で処理ができるのです。
また、ビットコインのマイニングでは承認作業難易度が高いと言われていますが、ライトコインは難解度が低いのもライトコインのメリットだと言えます。

最近ではカナダでビットコインの次に取引したい仮想通貨2位としてライトコインATMが設置されており、日本での認知度はまだまだ低い印象を受けますが、今後期待値の高まる仮想通貨だと考えていいでしょう。

一方のデメリットはマイニング難易度が低いという点、ライトコインのアルゴリズムであるS-cryptという前例のないハッシュ関数を導入していることから、不透明部分も残されていることから、ライトコインそのものがセキュリティを強化していてもハッカーなどからの攻撃を受けやすい環境を有していることでしょう。



-暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.