暗号通貨

IOTA(アイオータ)とは?歴史や仕組みを初心者に簡単に分かりやすく解説

更新日:



仮想通貨にはさまざまな技術が投入されており、仮想通貨の要とも言われているブロックチェーン技術は応用で事業の発展や医療などあらゆる分野に応用されています。

今回はそのブロックチェーンではなく、異なる技術を持って誕生した仮想通貨の一つであるアイオータ(IOTA)について、初心者ユーザーにも分かりやすく簡単に解説したいと思います。

IOTA(アイオータ=MIOTA)とは?IOTAの歴史について





※動画は全編英語で進行していますが、画面右下にあるアイコンの中から字幕をクリックした後、設定アイコンをクリックし、字幕⇒自動翻訳⇒日本語の順に設定すると、自動翻訳で動画が見れます。


アイオータ(IOTA/通貨コード:MIOTA)は2017年6月にリリースされた仮想通貨で、発行上限は2,779,530,283(枚) MIOTAです。

仮想通貨は多くがブロックチェーン技術を利用していますが、IOTAではブロックチェーンではなく、Tangle というDAG(Directed Acyclic Graph)を利用して誕生しました。

DAGとは、非循環有向グラフ(Tangle)と言い、このDAGを利用することで送受金の際の手数料0円を実現しています。
冒頭で少し述べましたが、仮想通貨の多くブロックチェーン技術を利用しているなか、IOTAはブロックチェーンの代わりにこのDAGを利用しているのです。
ブロックチェンはネットワーク全体でブロックチェーンを共有するシステムですが、DAGは個人個人が取引履歴を保存し、その際に非同期的に自分の取引記録を管理するシステムを持っています。
このことから、ビットコインの様にマイニングなどの重たい作業を必要としないことから、手数料を安くできたり、ビットコインの様なスケーラビリティ問題を発生させないのです。

IOTAの仕組み






IOTAはIoT(Internet-of-Things)=モノのインターネットを実現させるべく開発されています。
IoTとは、身の回りにある“モノ”をインターネットに接続させて相互に通信するシステムですが、このシステムを利用することでモノのデータを効率よく管理できます。



画像引用:IOTA公式サイト


身近なモノで例えるとすると…
スマホを利用して遠隔操作で自宅の電気の消し忘れやお風呂を沸かす、テレビを録画すると言った行為をおこなったり、例えば有料チャンネルを購入し、受信したとします。
テレビをインターネットに接続することで、誰がどの時間にどのような番組を視聴しているのかがすぐに分かる上、有料チャンネルがIOTA決済を導入している場合、テレビ画面上から簡単にIOTAで決済ができるようになるうえ、手数料も無料で支払える…そんなシステムをIOTAでは目指しているのです。
こういったモノをインタネット経由で動かすには意外にコストがかかったり、膨大なデータを必要としたりしますが、これらをIOTAでは簡略化していこう!という訳なのです。

IOTAのメリットとデメリット

IOTAの誕生理念にあるIoTとの連携は、まだ実用化されている段階ではありません。
しかし、実用化後のメリットはIOTAだけではなく、IoT関連企業にとっても大きなメリットが見込めることから、富士通やボッシュ(BOSCH)などをはじめとする世界的大企業との提携も行われているほか、マイクロソフト社などもIOTAに関心を寄せていると言われています。
このことからも、実際にIOTAが実用化された際のメリットはもしかすると現在の生活を一変させる様な画期的なことが私たちの生活にもたらされるのかもしれません。

一方のデメリットを見てみると、実用化されてないことから、実際に注目は集めているものの、本当に実用化されるのだろうか?という懸念を抱いているとも言えます。
また、世界初のDAG導入仮想通貨だと言われてこちらからの面も注目を集めたIOTAではありますが、実際に使われた実例がないことから、未知数の部分も多く、想像していなかった問題が発生しうるというところがデメリットと言えます。



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.