暗号通貨

ファクトム(Factom)とは?歴史や仕組みなど初心者にも簡単に分かりやすく解説

更新日:



次々と公開される仮想通貨がある一方で、ランキングを大きく落とす通貨も多数あるなか、誕生から常に注目されている通貨も存在しています。

本日は、誕生してから注目され続けている仮想通貨の一つであるファクトム(Factom/通貨コード:FCT)について、初心者にも簡単に分かりやすく解説していきたいと思います。

ファクトム(Factom/通貨コード:FCT)とは?ファクトムの歴史について






ファクトム(Factom)は2015年に公開されました。
正確にはプラットホーム“Factom”で使われている仮想通貨が“Factoid(ファクトイド)”で、通貨コードはFCTです。

ブロックチェーンがデータ改ざんができない仕組みを持っている事に注目し、さまざまな電子データを分散させ、記録や追跡、管理などができるように開発された分散型のデータプラットホームであるのがファクトムです。

ファクトムサーバー、エントリーブロック、ビットコインブロックチェーン、ディレクトリブロックの4大要素で構成されており、ブロックチェーン上にデータだけでなくドキュメント管理もできるようになっているのが特徴です。
これはファクトムが膨大なデータを持つブロックチェーンや手数料などのコスト削減目的で開発された背景があり、ドキュメントとして証書など、書類をブロックチェーン上に取り込むことで分散ノードで確認し合うことができます。
もう少し分かりやすく述べると、改ざんができない仮想通貨ブロックチェーンの特性を活かしてファクトムでは書類や記録を安全で確実な管理を行えるのです。

ファクトムは仮想通貨として注目されている一方で、ファクトムの名称の由来“Fact”=真実からも分かるように、印鑑証明や登記簿などの公的証明ツールにもなりうることで注目されています。
ファクトムの構想通りになれば、ファクトムが管理することで第三者などから必要とされる証明書が不要となり、住民票や戸籍謄本などを役所でもらう事もなくなります。

ファクトムの仕組み

ファクトムはFactom.incが管理・運営している仮想通貨界では数少ない中央集権型システムを行っています。
中央集権型=管理者が存在する通貨として他の仮想通貨とは異なる面をもちあわせています。
つまり、管理者が存在して運営している=ハードフォークやアップデートなどで混乱が生じるデメリットが少なく、Factom.incによって明確なビジョンが存在しています。

データ管理はビットコインのブロックチェーン技術を応用しており、ブロックチェーンの機能を拡張したことで送金以外のデータ保存・管理を可能にしています。

利用はファクトムのサーバーへ申請を行い、申請が承認されれば暗号化されたデータが格納され、情報がディレクトリブロック内でカテゴリー分けされ、再び暗号化されてブロックチェーン上に記録されます。
ビットコインブロックチェーンを利用するのは、多くのビットコインマイナー達の監視の目が存在することで、ハッカーや不正なデータ取得などのリスク軽減につながっています。

ファクトムのメリットとデメリット

通貨としての価値に重点を置き、非中央集権型の通貨が次々と開発されているなか、ファクトムはビットコインブロックチェーン技術に注目をし、電子データを分散させたうえで記録や管理、追跡ができるようにしたのがファクトムプラットホームです。

このプラットホームではデータ改ざんができないブロックチェンの特性を活かし、証券や保険、医療などのあらゆる記録を分散管理・記録・追跡ができることから、さまざまな業界のあらゆる場面での応用が可能であることが大きなメリットといえます。

既存のデータ管理はコストが必要でしたが、ファクトムのブロックチェーン技術を用いることで、第三者を介さず、データ改ざんの不安もなく低コストで大切な情報を管理できることから、これまでデーター管理に多くの資金を必要とされてきた病院や学校、役所など、個人情報などを扱う企業だけでなく、公的機関での応用も可能な点がメリットです。

一方のデメリットは、仮想通貨ユーザーは非中央集権型を好む傾向にありますが、ふぇくとむは中央集権型の管理者が存在する通貨で、管理者の意向次第で、ユーザの求めていない方向へ舵を切る事が容易である事。
さらに現実問題としてファクトム自体の開発が他の仮想通貨と比べてかなり遅い事や、使えるウォレットがないのがデメリットであるといえます。



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.