暗号通貨

カウンターパーティーとは?歴史や仕組みなど初心者にも簡単に解説

更新日:



現在も次々と新たな仮想通貨が誕生し、ランキングでもいきなり上位に浮上する通貨も登場していますが、中には気になるけれど詳細が分かりにくいと感じている通貨も数多くあります。

そこで本日はカウンターパーティー(Counterparty)についての歴史や仕組みなどを初心者ユーザーの方にも分かりやすく簡単に解説していきたいと思います。

カウンターパーティー(Counterparty)とは?カウンターパーティーの歴史について






カウンターパーティー(Counterparty/通貨コード:XCP)は、ビットコインブロックチェーンを使用した金融プラットホームで、独自のブロックチェーンは存在しておらず、ビットコインブロックチェーン上に作られたプラットホームです。

カウンターパーティーのプラットホームで使用されるトークン(XCP)を用いて独自通貨の発行が誰でも可能で、カウンターパーティを利用する際にはシステム上必ずビットコインが必要です

カウンターパーティーが作られた背景には、ビットコインの様に決済に用いるのではなく、スマートコントラクトを主サービスとして開発が行われており、次世代仮想通貨と言われる“ビットコイン2.0”のほか、分散型アプリケーションまたはDApps(Decentralized Applications)などと呼ばれています。

独自トークンの発行だけでなく、イーサリアムスマートコントラクトをビットコイン上で実行可能にしたりと決済様仮想通貨とは異なる機能が備わっているビットコイン2.0の中では一番注目され、利用されているプラットホームと言えます。

2014年1月に公開されたカウンターパーティーですが、中心開発者の存在などの情報は入手できず、開発組織であるCounterparty Foundationが中心となって開発が行われています、

カウンターパーティーの仕組み

カウンターパーティーは仮想通貨市場で初めてPoB(Proof of Burn/プルーフ オブ バーン)と呼ばれる仕組みを導入しています。

PoBとは“燃やす事による証明”と言われており、カウンターパーティープラットホーム上で使用されるXCPに価値を持たせるために消費できない誰も使用できないアドレスにビットコインを送金させます。
誰も使用できないアドレスにビットコインが入金されるため、送金されたビットコインの分だけカウンターパーティーに価値がつくと考えらえています。

イーサリアムのプログラミング言語はカウンターパーティーで使用されており、イーサリアム上で実行できるスマートコントラクトをビットコインブロックチェーン状で実行できます。
XCPの上限発行枚数は2,648,755XCPです。

先ほど少し説明しましたが、カウンターパーティーのコンセンサスアルゴリズムは、燃やすことの証明という意味があるとお伝えしましたが、PoBから由来した“バーンする”という表現を用いています。
これは、通貨を一生使用できない状態にする事を指していて、シークレット―キー(秘密鍵)の分からないアドレスへコインを送ると、開発者であっても一生取り出すことができない、という理屈になります。
そのため、送金したコインは“燃えて消滅した”と考え、カウンターパーティーでもビットコインブロックチェーン上から発行する際にビットコインを燃やしてカウンターパーティーの価値を付けているのです。

カウンターパーティーのメリットとデメリット

カウンターパーティーのメリットは参加者が独自のトークンを発行できるところです。
独自トークンを企業などが発することで、商品やサービスの対価を受け取れ、ビットコインの高いセキュリティをそのまま受け継ぐことができます。

一方のデメリットはビットコインブロックチェーン上にカウンターパーティープラットホームが存在しているため、ビットコインの抱える問題=カウンターパーティーの問題となってしまいます。
何らかの通貨に依存している通貨にありがちですが、カウンターパーティーもビットコインに依存しているからこそ、ビットコインスケーラビリティ問題もまるまる抱えてしまい、ビットコインプロトコルに従ったいわば“ビットコインの制限”も引き継ぐことになってしまうので、本家ビットコインに振り回される形になるのがデメリットといえるでしょう。



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.