暗号通貨

ビットコインキャッシュとは?初心者にも簡単に分かりやすく解説!

更新日:



仮想通貨の代名詞のビットコインとかなり名称が似ているビットコインキャッシュっていったいどんな仮想通貨なの?と皆さんは思った事、ありませんか。
今回はビットコインキャッシュとはどのような仮想通貨なのか、初心者の皆さんにも簡単で分かりやすく解説していきたいと思います。

ビットコインキャッシュとは?






ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash=BCH)は、もともとビットコインでしたが2017年8月1日にハードフォークした際に分裂誕生した新しい仮想通貨です。

ビットコイン内外からのスケーラビリティ問題が日ごとに大きくなっていく中、既存のブロックサイズ(1MB)では取引が激増したために対応しきれなくなってきていました。
そこで問題解決のために浮上したのがブロックサイズを変えないでデータを圧縮しながら保存をするSegWitを実装させるという案でした。

ブロックサイズを従来のままとするビットコインコア(Bitcoin core)派か、ブロックサイズを大きくして容量を増やすビットコインアンリミテッド(Bitcoin unlimited)派で意見が対立しました。
中国の最大マイニング企業「ビットメイン(Bitmain)」のジハン・ウー(Jihan Wu)氏を中心としたマイナー企業が多いビットコインアンリミテッド派は、SegWitを装着することでマイニング時に使用するマイニングマシーンが使用できなくなり、自身たちのビジネスの要であるマイニングができないために大反対をし、意見が対立していました。
一方のビットコインコア派は、基本的にマイニングを行わないため目立った問題がなかったことから、容量を大きくしよう!と考えていました。

アンリミテッド派対コア派の話し合いはまとまる事はなく、アンリミテッド派がブロックサイズの引き上げを強行突破したことからビットコインキャッシュは誕生しました。

ビットコインキャッシュの仕組み

ビットコインキャッシュはビットコインスケーラビリティ問題を解決させるべく誕生しました。

ビットコインはブロックサイズ(1MB)がビットコインプロトコルにて制限されていますが、取引が急増したことで送金やデータ処理などの遅延問題、取引手数料の急騰などが問題視されていましたが、SegWitを実装することなく、ブロックサイズを従来の8倍である8MBへ引き上げたことでビットコインから分裂してビットコインキャッシュが誕生し、問題を解決させました。

アンリミテッド派VSコア派の話し合いが決裂した形でビットコインキャッシュが誕生し、本来のビットコインそのものは今のところ問題解決されていません。

ビットコインキャッシュでは、分裂した際にビットコインからそのまま引き継いだビットコインブロックチェーンを新たに変えたほか、2017年11月に第1回目のハードフォークを行い、難易度調整アルゴリズムと呼ばれるDAA(Difficulty Adjustment Algorithms)を導入しており、現在では多くの部分がビットコインとは変わっており、まさに別々の道を歩んでいます。

ビットコインキャッシュのメリットとデメリット

ビットコインキャッシュのメリットと言えるのは、ビットコインと比べてブロックサイズが8倍になり、ビットコインスケーラビリティ問題の解決へより近づいたことです。

ビットコインより8倍も大きなブロックサイズを有するビットコインキャッシュは、送金や処理速度の遅延問題が発生しにくく、より多くの取引データを収納できるため、ビットコインそのものと比較して価格が低くても多くの取引データから得られる報酬そのものがマイニングの報酬となるので、マイニング企業にとっても大きなメリットと言えます。

一方のデメリットは、以前は一つであったビットコインと何かと比較されてしまう点にあり、さまざまなメリットを有していても、価格に大きな差があると敬遠されやすいというちょっと悔しい点が挙げられるのではないでしょうか。

また、ビットコインと比べてさほど普及率がないため、決済に用いられるところがビットコインと比べて少ないこともデメリットと言えます。



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.