暗号通貨

数々の仮想通貨流出事件からわかるコールドウォレットの必要性

更新日:



テクノロジーの進歩とともに、資産を守るためのシステムも強化されていますが、同時に資産を狙うハッカーたちの技術も向上しています。だからと言って指をくわえているだけでは、彼らにチャンスを与えるだけになってしまいます。最近起こった仮想通貨の流出事件を振り返りながら、大切な資産を守るための術を2回にわたり紹介しますので、ハッカーに対する備えを十分にしておきましょう。

被害が絶えない仮想通貨の流出






仮想通貨を始める理由やきっかけは人それぞれであり、株やFXと同様に投資目的で仮想通貨を購入する人もいれば、海外送金が迅速に格安で行えることから仮想通貨を活用している人もいるでしょう。

どのような目的で仮想通貨を購入し所持している場合でも、安全に保管しておきたいと思うのは当然のことです。
ところが残念なことに、大切にしている個人の資産を巧みに、盗み取ろうとしている人たちが常に存在することも否定できません。

その術は、私たちが想像する以上に機敏に富み、技術面でも知識面でも群を抜いた才能を用いて、強化されているセキュリティのわずかな隙間を狙って資産を奪い去っていきます。
日本だけではなく、海外でも大手の仮想通貨取引所で資産や情報の流出が続きました。

2014年には、114億円もの被害があったマウントゴックス、そして今年の1月には、コインチェックで580億円相当の仮想通貨が盗まれてしまいました。
その後もイタリアのBitGrailから211億円もの被害があり、世界最大手と言われるBinanceにハッカーの不正ログインが確認されています。

韓国の仮想通貨交換所も相次いでハッカーの被害にあい、Bithumbでは35億円相当の仮想通貨が流出しました。
同じく韓国のコインレールでも、仮想通貨が盗まれる被害が出ています。

つい先日もブラジルの仮想通貨投資サイトAtlas Quantumから約26万人のアカウント情報が流出しました。
仮想通貨自体の被害はありませんでしたが、電話番号やアカウント残高、メールアドレス、個人名が盗まれる被害があったばかりです。

コールドウォレットの必要性

安全対策に万全の姿勢で臨んでいるはずの大手仮想通貨取引所でも、ハッカーの被害から顧客情報や資産を完全に守り切ることができません。

取引所ばかりではなく、個人のアカウントも常にハッカーの対象になっています。
2017年には、149件の不正なログインがあり、ハッカーによる総被害額は6.6億円以上もあることが警視庁の捜査でわかっています。

それでは、仮想通貨を所持する私たち個人は資産を守るためにはどうすればいいのでしょうか。

大手の取引所が被害を食い止められず、個人のアカウントも狙われているのであれば、運を天に任せるしかないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、それでは資産や情報を狙う人たちの思うツボになってしまいます。
資産を守るためのセキュリティ技術も常に進歩を続けていますので、最新技術の情報を収集し、最大限に活用しながら大切な資産を守ることが重要です。

仮想通貨取引所に資産の保管をまかせるのではなく、仮想通貨を所持している私たち自身、セキュリティの高い保管場所で秘密鍵を所持する方法があります。
それが流出後から言われている、コールドウォレットの利用です。

コールドウォレットは、外付けのハードディスクを利用するためにネットから切り離して秘密鍵の保管ができ、ハッカーの被害に遭う可能性を最小限に食い止めることができます。

コールドウォレットは、ネット上に存在しているホットウォレットと相対する保管方法にあたります。

ホットウォレットは、仮想通貨取引所自体も使っている保管場所で、コインチェックがNEMを盗まれた原因のひとつに、ホットウォレットに保管をしていたことがあげられています。

大切な資産を守るために、個人単位で始められるコールドウォレットの特徴や注意点を明日の記事で紹介していきますので、参考にしてください。



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.