暗号通貨

仮想通貨の不安要素を克服するステーブルコインの特徴と種類

投稿日:



投資対象としてみると一攫千金が期待できる仮想通貨ですが、その反面暴落をした時には元金さえも消えてしまう可能性があります。ボラティリティが高すぎる仮想通貨を日常の生活の中で使用するには、使い勝手が鈍ります。仮想通貨の不安定さを小さくすることで、暮らしの中で活用しやすくしたものがステーブルコインです。そこで本日は、仮想通貨の魅力を併せ持つステーブルコインについて紹介します。

スポンサーリンク



仮想通貨のデメリットを克服したステーブルコインとは?






仮想通貨には法定通貨にはないメリットがあり、分散型システムであるブロックチェーン上で取引を行うことから、既存の銀行システムでは得ることのできない恩恵があります。

そんな仮想通貨にも、仮想通貨ならではの特質からマイナスポイントがあげられています。
ここでは仮想通貨のデメリットと、そのデメリットを補うことのできるステーブルコインについて紹介します。

仮想通貨のメリットでありデメリットでもある性質

仮想通貨が世界中で広まるようになった今、それぞれの理由から仮想通貨を活用する人が増えています。
それは国が発行している法定通貨や、中央集権型の銀行からは受けることのできない利点があるため、仮想通貨を使用する人の裾野は広がっています。

そんな仮想通貨も万能選手ではなく、仮想通貨で投資をしたり取引したりする上での懸念材料があります。
そのひとつが”ボラティリティ”の高さになります。

価格の値動きが株やFXのように上限がないため、上昇する時はどこまでも上がっていくので、財産が莫大に膨れ上がります。
しかし価値が上がる時同じように、下がる時も下限がないためにいきなり暴落をする危険性があります。

このボラティリティの高さを不安に感じ、投資することをためらったり、資産として保有したりすることを躊躇するケースがあります。

不安材料としてのボラティリティを認めても、仮想通貨にはメリットがある

ボラティリティの高さは熟練の投資家によってはとても魅力的な要素かもしれませんが、それでも高いリスクが伴います。
それなら、仮想通貨ではなく他の手段を使って投資をすればいいかもしれませんが、仮想通貨にはデメリットだけではなく、メリットもたくさん存在しています。

仮想通貨は分散型システムを活用しているため、中央管理権力がありません。
だからこそ、どの人にとっても平等で直接的なつながりを築けます。
国境を超えて海外へ送金するときの手数料が安くなり、時間も大幅に短縮できます。

既存の銀行しか存在しなかった時代は、銀行口座が開設できなければ出稼ぎ先から国元へ送金できませんでした。
この死活問題とも言える難題を解決できるのも仮想通貨のメリットによるものと言えます。
また、投資をする場合にも低い金額からはじめられることも仮想通貨の魅力のひとつです。

ステーブルコインのメリットと種類

中央集権型ではないつながりを世界中の人と人とが直接築くことができれば、まさしくインターネットのメリットを最大限に活かすことになります。
まさしく、仮想通貨とブロックチェーンが新しい世界を作り出そうとしています。

仮想通貨の持つメリットを残しながら、デメリットを克服した通貨が”ステーブルコイン”と呼ばれるものです。

ステーブルコインには、メリットが3つあると言われています。
ひとつ目は、価格が安定しているので資産を守れます。
ふたつ目は、仮想通貨が暴落したときの退避先としての利用ができます。
三つ目の最後が仮想通貨の場合にはややこしくなりがちな、税金の手続きが進めやすくなることです。

また、ステーブルコインは連動させる対象によって3種類に分けることができます。

・法定通貨担保型
国が発行する法定通貨と連動しているため、暗号通貨の価格変動とは関係なく運用することができます。
安定性を求めることはできますが、国や特定機関の支配を受ける形になります。

・仮想通貨担保型
いくつかの仮想通貨の価格と連動するために、一般の仮想通貨よりも安定した価格帯に収まる特徴があります。
それでも仮想通貨業界全体の価格が低下をすると、やはり影響を受けることになります。

・無担保型
無担保型は法定通貨にも仮想通貨にも連動していません。
供給量を調節することで、価格を安定させる工夫をしています。
需要と供給のバランスを見極めながら、価格を安定させる仕組みを作っています。

仮想通貨がすべての点で法定通貨に勝っているわけではありません。
同様に、ステーブルコインが仮想通貨の代用になるかと言うと、これはまた別問題になるでしょう。
仮想通貨にもステーブルコインも、これからも改善を続けることで、多くの人にとってより魅力的でより安心して利用できる通貨に変わっていくのではないでしょうか。



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.