暗号通貨

4700万円相当のXRPを窃取したオーストラリア女性ハッカーが逮捕される

投稿日:

 

 

昨年1月にオーストラリアで45万ドル相当に該当するXRP絵を不正に窃取したとして、ニューサウスウェールズ州に住む23歳の女性ハッカーが逮捕されたことが、海外メディアの報道によって発覚しました。

 

 

 

XRPを盗んだ女性ハッカーが逮捕される

 


※画像引用元:Sidney Morning Herald
※当サイトの判断により、規制当局関係者の顔にはモザイク処理を施しています。

 

昨年1月、45万ドル相当の仮想通貨XRPを不正に盗んだとして、ニューサウスウェールズ州に住むオーストラリア人女性、キャサリン・グエン(Katherine Nguyen)被告を逮捕したことが現地ニュースサイトSidney Morning Heraldによって報じられました。

 

メディアの報道によると、犯行の手口は56歳被害男性が所有している取引口座がロックされ、100,000XRPが盗まれたことがしたことで被害が発覚。
当時XRPは450,000ドル相当の価値を有しており、現在の価格に換算すると600,000掃討に上る被害を受けたことが分かっています。

 

実際に発行が行われるひと月前、被害男性のメールアカウントがハッキングされた事がきっかけで男性が被害に気付いたという。
被害男性がロックを掛けられ乗っ取られたメールアドレスと仮想通貨の取引口座を取り返す頃にはすでに盗み出されたXRPは中国系の仮想通貨取引所へ転送された後でした。
盗み出されたXRPは資金洗浄されており、XRPからビットコインへ交換され、複数のウォレットへ送金された後だったと報じています。

 

 

23歳の女性ハッカーの犯行

 

 

警察はこの事件について捜査を進めた結果、オーストラリに住む23歳の女性ハッカーであるグエン被告にたどり着いたと明かしています。
警察はグエン被告の家宅捜索を実施し、自宅に保管されていたパソコン、ハードドライブなどの周辺機器のほか、携帯電話、書類などを押収しています。

警察による10カ月という長期に渡る時間を費やした捜査の結果、グエン被告は起訴され、罪を認めているとのことです。

同姓であった被害男性のメールアカウントをハッキングした上で、2日間アカウントをロックし、XRPをすべて盗み出したという手口を素直に自供したことなどから、バーウッド地方裁判所に出頭する条件付き保釈を認められていました。

 

なお、現時点では今年10月にグエン被告に対する特別審問が開かれ、罪に対する判決が下される予定ですが、具体的な日時は未定となっています。

 

 

犯罪が新たな類似犯罪を呼ぶ!?

 

 

サイバー犯罪チームによるこれまでの捜査で、単独で行動したかどうかについてはまだ確認されていませんが、同被告は盗難を実行するのに役立つ特定のスキルを持っているようだとコメントしています。

ニューサウスウェールズ州警察サイバー犯罪チームのアーサー・カソギアンニス(Arthur Katsogiannis)司令官は、メディアの記者団に対し、非常に重大な犯罪であり、テクノロジーが有効な仮想通貨の窃盗で個人が逮捕され、起訴されたオーストラリアで最初の事件であると語っています。

 

カソギアンニス司令官は、この種の犯罪は新たな悪い規範になり、犯罪が新たな類似犯を呼ぶと警告しており、犯罪環境が拡大し、特に仮想通貨に資産を投資しようとしているコミュニティの人々にとってますます危険な環境になるだろうと述べています。

 

今回の被害を受けて同司令官は、個人情報は犯罪者にとって非常に貴重な“商品”であり、現金化するのと同様に取り扱い、保護する必要があると個人情報の保管方法について警笛を鳴らしています。
ニューサウスウェールズ州では、政府や法執行機関の当面の目標として、仮想通貨取引における規制であるとかたっています。

 

今回の逮捕劇はオーストラリアだけに起こりうる犯罪ではなく、仮想通貨によって金融のグローバル化が進んだ今、日本で仮想通貨取引を行っている私たち一般ユーザーにとっても個人情報の保管方法がいかに大切であるかを教えてくれる一種の教訓となります。

皆さんも今一度仮想通貨取引における個人情報が安全な状態で保管・保護されているか、確認しなければなりません。

 

 

参考サイト:Sidney Morning Herald



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.