暗号通貨

仮想通貨の取引認証アルゴリズムPoW、PoI、PoS、PoCの違いを改めて学ぶ2

更新日:



昨日、ブロックチェーン関連の仮想通貨用語『PoW、PoI、PoS、PoC』についてPoWまでの説明をしましたが、本日はまだ開設していなかったPoI、PoS、PoCについて話をさせていただきたいと思います。

では早速本題に入りたいと思います。




PoI(プルーフ オブ インポータンス/Proof of Importance)

コンセンサスアルゴリズムとは、コンセンサス=合意+アルゴリズム=方法という意味を持っており、合意の方法、つまり認証(合意)方法のことを言います。

そして、PoIは参加者の重要度によって発言権が与えられる仕組みを有しており、NEMなどの仮想通貨で導入されている仕組みです。

重要性の証明と言われているPoIは、残高や取引回数や取引量によって決められ、誰よりも多くPoIを採用している仮想通貨を保有しているだけでは報酬を得ることはできず、その仮想通貨の流動性や価値を高める貢献を誰が行っているのか?を基準にしてスコアリングされ、選定されています。

ちなみに…ビットコインではマイニングを採掘と呼びますが、NEMでは収穫(ハーベスティング)と呼んでおり、Googleの検索エンジンのアルゴリズムに似ていると評されています。

メリット面からPoIを見ると、CPUに大きな負担を掛けない分、電気代が抑えられるほか、51%アタックの可能性もグッとPoWに比べると低くなると言われています。
逆にデメリット面でPoIを見ると、一定数以上のコイン保有量を必要とし、取引回数など取引の頻度も大きく加味されたうえで限られたものがハーベスティング(ビットコインのマイニングにあたる作業)を行うことができます。
これではPoIを採用している仮想通貨ではある程度の財力を持っている裕福な一部の者だけがさらなる力を持つようになってしまうという懸念がされています。

PoS(プルーフ オフ ステーク/proof of stake)とは?

PoWは最も早く取引の整合性を複雑な計算によって行った者に対してマイニングの報酬を与え、PoIでは一定数以上の通貨を保有した上でどれだけその仮想通貨に対して貢献しているかによってハーベスティングの報酬が与えられる仕組みを有しています。
そして、PoSでは単純にその仮想通貨をどれだけ保有しているかによって多く保有している者ものほど新規発行された仮想通貨がマイニング報酬として与えられる仕組みになっています。

PoSのマイニングではユーザーが保有している通貨の保有量と保有年数に応じており、計算する範囲も小さいため、より多く、そしてより長く保有している人が新規発行コインを得られるのです。
このシステムは、その通貨を多く長く保有している者ほど、価値を下げる行いはしないであろうという考えに基づいており、計算の範囲が小さいことで膨大な電力や高度な計算処理ができる機材を投入しなくても済んでいるメリットを持ち合わせています。

しかし、メリットの裏側ではPoSのシステムでは、その仮想通貨をより多く購入できるユーザー、つまりは限られた一部の裕福層のみがマイニング報酬を得られるほか、長く保有していることも加味されるため、流動性という面ではビットコインなどと比べると劣ってしまうというデメリットを持ち合わせています。

PoC(プルーフ オブ コンセンサス/Proof of Consensus)とは?

PoCはリップルが採用している取引認証アルゴリズムです。
PoCはPoWやPoSのように誰もが認証作業を行えるのではなく、発行元が認めた機関のみが取引ノード(Node)と呼ばれる接続ポイントを立てられるほか、認められたものだけが取引の合意検証作業を行える仕組みを持っています。

そのため、仮想通貨は非中央集権型で管理者が居ないとして大きく注目を集めていますが、PoCは仮想通貨市場の流れを逆行するかのように中央集権型の様な仕組みを持っているとやや非難めいた声も多く聞かれています。
しかし、その一方でリップルが認めた一部の期間のみが検証作業を行い、通貨の監視を行っていることはその通貨の信頼性を高めていると言っても過言ではありません。
ちなみに、現在検証作業を行っているのは全世界に55団体で、日本ではSBIやセコムなどが知られています。

最後に、自分自身が保有している仮想通貨がどのような仕組みを持つのかを知ることはとても重要であり、PoC以外は悪意のある第三者が存在していることを前提として取引認証アルゴリズムが作られていることはとても興味深く感じます。
今後はさらに仮想通貨市場が広がりを見せていくとみられる中、重要な知識となることは間違いないでしょう。



-暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.