ブロックチェーン

ICTとは?仮想通貨とブロックチェーンと一緒にわかりやすく紹介!

更新日:

仮想通貨の取引が信頼のおけるものであるために、ブロックチェーン技術は必要不可欠な存在です。仮想通貨にブロックチェーン技術が必須であるように、ICTにおいてもブロックチェーン技術の果たす役割は増加し大きな期待を背負っています。そして今、世界中でICTが活発に取り入れられ、経済や生活そのものを向上させることからも大きな注目を集めています。

 

スポンサーリンク



仮想通貨を進化させるICTの発展

 

 

ICTという言葉をよく見かけるようになりましたが、IT(Information Technology=コンピューターやインターネット、データ通信技術などの総称のこと)やIoT(Internet of Things=さまざまなモノがインターネットに接続された“モノのインターネット”のこと)など、似た言葉があり、はっきり違いがわからない人も多いのではないでしょうか?

2020年度から小学校でもプログラミングが授業に組み込まれる予定で、教育現場でもICTの導入が進められていますが、ハード面とソフト面どちらにも課題が残っているのが現状です。

教育現場と同様に日本全体を見ても、ICTの進行具合は世界から後れを取っていると指摘されています。導入は緩やかながらも、私たちの暮らしは多くの場面でICTの恩恵をすでに受け、仮想通貨の発展や浸透にもICTが大きく影響しています。

では、このICTとはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

ICTとは?日本での普及状況

 

 

ICTとはInformation and Communication Technologyの頭文字から取り、ICTと呼ばれています。
ITと同じような意味で使われることもあるのですが、ITはどちらかというとパソコンやスマートフォンなどのデバイスや技術に特化し、ICTはCommunicationを活用して人がITを人が使うことを示します。

1998年にPayPalがインターネット決算サービスを開業したことがICTの始まりと言われ、今では医療や教育現場でも当たり前にICTが浸透しています。

TV会議に離れた場所から参加できたり、スマートフォンで撮った写真にテキストを付け的確に資料が送れるなどは、ICTが進化した結果の恩恵です。
ICTの恩恵が当たり前になってしまうと当然の技術と思われますが、進化なしには到達できない技術です。

 

ICT活用がじわじわと広がっている

 

 

今後、会社経営を大きく左右していくのはビジネスICTツールであり、ICTを活用できる技術と経験を持った人材であると言われています。

社会の中でICT分野に長けた人材が求められ、人材不足が予想されるため、小学校からプログラミング授業が必須科目になりました。
教育コンピューターは1台に当たり、生徒3.6人を普及目標に準備を進めていますが、小学校でも、中学、高校においても目標に達していないた、ハード面の普及が課題になっています。
また、教える立場の先生にとっても既存授業にはなかった新しい内容のため、教職員向けセミナーなども開かれ、2020年度に向けた対応に追われています。

行政でのIT担当は経済産業省、ICTは総務省と担当部署が分かれていますが、行政独特の縦割り分担が円滑に機能することも期待されています。

 

仮想通貨の発展にも欠かせないICT技術

 

 

価格に不安定要素があるものの、仮想通貨は投資や投機の対象と捉えている人が大半ではないでしょうか。

それでも、先日お伝えしましたFair Coinのように、投資や投機を前提にしない平和利用を目的にした仮想通貨も存在します。
※当サイトでFair Coinの特集をした記事は新アルトコインのFair Coinは協力し合う社会を目指してPoCで脱競争ををご覧ください。

法定通貨と比較すると、仮想通貨は国を超えた送金にかかる手数料が抑えられ、短時間で完結するため、利便性を求めて仮想通貨を利用する人も増えており、口座を持たない・持てない人たちにとっては、死活問題を解決する救世主です。

投資目的で購入した仮想通貨の価格が上がる、海外送金がスムーズに行われ利便性が高まる、銀行口座がなくてもお金のやり取りが安全にできるなど、全てICTが発達したおかげです。

仮想通貨の核となるブロックチェーン技術は、ICTの中でも最近特に注目を集め金融やビジネス分野だけではなく、平和利用にも活かされています。

多くの人が普通に使用しているスマートフォンは、20年前のスーパーコンピューターと比較すると約30倍もの演算処理能力があると言われるほど、ICTの発達はものすごいスピードで行われ、仮想通貨を含めた私たちの暮らしを根底から変える力と可能性を持っています。



-ブロックチェーン
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.