ブロックチェーン

熱い注目を集めるマイニングが狙う役割と膨大な電力が必要な理由とは

投稿日:

マイニングが仮想通貨と関わりを持つ作業であることは浸透していますが、仮想通貨やブロックチェーン技術のように、マイニングのことを詳しく知っている人は少ないでしょう。マイニングは縁の下の力持ちと言えるほど、大切な役割を担っています。本日の記事ではマイニングが担っている大切な役割、膨大な電力が必要な理由についてまとめてありますので、マイニングに対する理解を深めるために、参考にしてください。

 

マイニングが果たす2つの役割と消費する莫大な電力

 

 

 

マイニングが行われ、仮想通貨の取引が安心して実行される側面がある一方、マイニングに対するマイナスイメージを持っている人も多いかと思います。
電気代の高さや騒音問題が取り沙汰されているほか、マイニングにおける計算の難易度が上がり、ビットコインマイニングはすでに個人でおこなえるレベルではないと言われています。

仮想通貨取引におけるマイニングの役割を知ることでが、ビットコインを含む仮想通貨の知識を深めることに繋がります。

 

仮想通貨取引に不可欠なマイニング作業

 

 

中央集権型である法定通貨とは違い、多くのの仮想通貨には中央で管理者は存在しません。
それでも仮想通貨の売買や取引が世界各国で安心して行われている理由に、世界中でマイニングをしている人たちの存在があると考えられます。

ブロックチェーンはとマイニングは、ひとつの取引を確定するためには取引の承認と確認が実行され、ブロックに書き込まれ、次のブロックへとつながり続けていきます。
このブロックを作るためには、公式の存在しない難解なパズルを解くように、10の20乗以上もの計算を繰り返して、ようやくパズルが解けると言われています。

チェーン上に取引の承認を結びつけるため、無限に続くと思われる計算をひたすら繰り返すことがマイニングで、一番始めに正しく計算式が解けた者に、報酬として仮想通貨が与えられます。(※通貨によっては新規発行通貨ではない場合もあります)

マイニングは世界中の仮想通貨取引を信頼できる形にするために欠かせない作業であると同時に、報酬として仮想通貨が支払らわれることで未発行の仮想通貨を新規発行する役割も担っています。

 

 

どうしてマイニングには膨大な電力が必要なのか?

 

 

ビットコインが広く普及する前であれば、個人で使用するパソコンの容量さえあれば、マイニングを完了し報酬が得られました。
しかし現在ではマイニングがビットコインを獲得する手立てになると浸透しているため、マイニングを専門に行う企業が現れるほどマイニング業界は白熱しています。

大きな予算が注ぎ込まれ、個人のパソコンでは足元に及ばないほどの計算能力を持ったコンピューターによって、ビットコインのマイニングは行われています。
それでもマイニングで報酬を得るためには、24時間365日コンピューターを動かし続けなくてはなりません。
休まずに稼働することで自然にコンピューターは熱くなるので、今度はコンピューターの効率を落とさないために、冷却機器がフル稼働します。

巨大なコンピューターと巨大な冷却装置がフル稼働するため、マイニングには膨大な電力を消費します。
多くのマイニング業社が新たな展開場所として、電気代が安価で冷涼な気候を条件に選ぶのは、支出を抑えコンピューターが熱くなるのを防止し、効率よくマイニングをするためです。

電気代や高性能なコンピューターが必要なことから、現在のビットコインマイニングは個人でマイニングをするのは難しいと思われた人もいるでしょう。

明日の記事では、個人でマイニングに挑戦してようと思っている人に向けて、マイニングの種類と現状をお伝えしますので、引き続き参考にしてください。



-ブロックチェーン
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.