ブロックチェーン

仏マクロン大統領がアフリカ農業にブロックチェーン技術の活用を望む

更新日:

 

フランスのベルサイユで開催された第56回国際農業見本市に、フランス大統領のマクロン大統領が登壇し、アフリカの農業とフランスの今後について、ブロックチェーン技術の活用を望んでいる事を明らかにしました。

 

 

スポンサーリンク



アフリカ農業にブロックチェーン技術を

 

 

先週土曜にフランス・ベルサイユで開催された第56回国際農業見本市に登壇し、フランス大統領のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は、アフリカの農業にブロックチェーン技術の活用を求めている事を明らかにしました。

 

マクロン大統領は、小麦市場の例を例えに、ロシアとウクライナでの競争激化について、価格高騰ではなく、最低価格への競争であると語りました。
5年前までロシアとウクライナはヨーロッパの顧客だった2カ国ですが、小麦市場において今ではヨーロッパの手ごわい競争相手となっています。

 

マクロン大統領は2050年までにアフリカの人口が倍増すると語り、人口増加がヨーロッパにとって新たな展開と技術提供が必要とされるため、ヨーロッパ市場はアフリカとの新たな関係の構築が必要であると述べています。

 

 

アフリカの人口増加がヨーロッパと農業の課題

 

 

マクロン大統領が語ったアフリカの人口倍増は、アフリカ諸国内だけの問題ではなく、フランスやヨーロッパにとっても大きな課題となってくるとの見方を示しています。

人口の倍増は今後の農業にとっての課題であり、課題をクリアできればヨーロッパにとっても大きなビジネスチャンスだと語っています。

 

マクロン大統領は、農業と食糧への挑戦がアフリカ大陸のアジェンダにとって重要であることを強調。
気候変動が水資源や土壌肥沃度および砂漠の進歩に影響を及ぼすだろうと述べました。

そして、アフリカ地域の教育と健康にも言及し、ヨーロッパ諸国が一丸となり、アフリカをリードしていくことが、フランスとヨーロッパの役割りだと語りました。

 

 

中国対抗に必要なヨーロッパの団結

 

 

マクロン大統領は、ヨーロッパ地域レベルでの議論の下、共通農業政策(CAP)を主張しています。

ロシア、アメリカ、中国などからの製品台頭に対抗するため、ヨーロッパ全体での団結を呼びかけています。

ヨーロッパ諸国間が競うのではなく、統一と再編成を実施し、細分化することが必要であり、それぞれの国はその土壌の特異性を生かしたアピールが必要であると述べています。

 

また、団結と同時に、ヨーロッパの新しい農業政策として、農家と消費者の保護を掲げています。

マクロン大統領は、“農業政策は活動の多様化と、再生可能エネルギーの生産を促進し、土壌中の炭素貯蔵容量を増加させるためのイニシアチブを促進するべきである”との考えを示しました。

農家の保護では、土壌侵食と戦うために農民によって提供された環境サービスの代金を支払うために資源を捧げることで景観を守り、森林を維持し、動植物を守ると語りました。

 

 

テクノロジーとイノベーションは消費者の懸念を払拭させる

 

 

アフリカ地域の人口増加によって今後の市場をフランスやヨーロッパ地域がリードしていくためにはテクノロジとイノベーション、製品のトレーサビリティに関する消費者の懸念を解決するのにも役立つはずであると語っています。

 

製品のトレーサビリティに関する消費者の懸念を払拭させるためには、ブロックチェーン技術の開発が必要不可欠であると言及しました。

 

農業生産の先駆けであるヨーロッパで、原料生産から包装、加工、加工までのあらゆる製品を追跡するツールとしてブロックチェーン技術を活用し、開発することで消費者の懸念を払拭できる。
革新はそこにあり、それは農業の世界で使用・共有された卓越性のサービスであり、消費者にとっても役立つブロックチェーン技術が必要不可欠だと語りました。

マクロン大統領は、人口の爆発的な増加とアフリカ地域の弱い農業生産力を結び付け、フランスとヨーロッパが専門知識と食料の安全を保障する必要があると語っています。

 

そのためにもアフリカは立ち上がり、アフリカ連合が打ち出した2063年までの長期的なのビジョンで農業政策を打ち破ることでアフリカが今後迎える大きな挑戦と利益はこの大きな挑戦と新興世界を迎えるとの展望を語っています。

※参考サイト:BREAKING NEWS



-ブロックチェーン
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.